本文へスキップ

日本甜菜製糖株式会社は砂糖を主軸とする総合食品企業です。

〒108-0073 東京都港区三田三丁目12番14号
ニッテン三田ビル

甜菜って何?

甜菜とは?

舌に甘い

初めての方は、「甜菜」って何だ?と思われたことでしょう。
甜の字は、「舌に甘い」と書きます。 
「甜菜」は北海道特産の、砂糖の原料になる植物です。


砂糖といえば、「さとうキビ」を思い浮かべますが、フランス、ドイツなどのヨーロッパでは、砂糖といえば甜菜糖のことをさします。
あまり知られていませんが、全世界の砂糖消費量の約30パーセント、日本では約25パーセントが、甜菜から作られた砂糖で占められています。

当社の砂糖は、家庭向けには主に北海道で販売されているため、全国的には知名度が低いのですが、業務用に出荷された砂糖が、チョコや菓子、飲料類などを通じて全国の皆さまのお手元に届いているのです。

大根?

この甜菜、ビート(SUGAR BEET)とも呼ばれます。

分かりやすいよう砂糖大根と説明することもありますが、どちらかというと外見はカブに似ています。この根の部分に蓄えられている糖分を取り出して、砂糖を作ります。

見た目は大根やカブのようですが、分類上はほうれん草と同じヒユ科に属します。

北海道では、まだ雪の多い初春に種を蒔き、苗を育て、雪解けを待って畑に移植、短い夏を経て成長し、収穫の秋を迎えます。

北国の風にそよぐ青葉は、大地を緑のじゅうたんで敷きつめ、黄金色に輝く小麦やジャガイモの清楚な花とともに、北海道の代表的な田園風景を演出します。

砂糖は正真正銘「舌に甘い」、100%ピュアなお砂糖です。

大地の恵み

ほうれん草と言えばポパイでお馴染み、元気モリモリの代名詞。同じヒユ科の甜菜も様々な能力を秘め、実に有益な植物の一つです。

甜菜のうち砂糖の原料とならない葉の部分は、畑にすき込んで緑肥として再利用されます。

根の部分は砂糖の原料となるのはもちろん、その絞りカスはビートパルプと呼ばれ、雪に閉ざされる北国の冬の貴重な牛の餌として販売しています。

「ビートパルプ」は、通常生あるいは乾燥したものですが、当社では独自に配合飼料工場を持ち、このビートパルプやビート糖蜜を原料の一部に使うなど特色ある配合飼料を生産し、道内で販売を行っています。

また、砂糖を作る過程で生まれるビート糖蜜を利用して、イーストの製造販売も行っています。

機能性食品

この他に、甜菜が秘める様々な機能を生かし、天然オリゴ糖のラフィノース、調味料などに使用される食品添加物ベタイン等の生産を行うなど、新素材としての分野でも非常に有望であり、目下用途の拡大に努めているところです。

このように捨てる部分のない甜菜は、まさしく北の大地の恵み、リサイクル社会を先取りした環境にやさしい植物です。


甜菜糖(ビート)の歴史

甜菜糖はドイツ生まれ

甜菜糖が発見されたのは、今から約250年前の1747年のことです。

ドイツの化学者マルグラーフが、甜菜の根から砂糖を分離することに成功しました。

甜菜は、カスピ海やコーカサス地方の原産で、家畜の飼料として用いられていた言われています。

それまで、甜菜から甘い汁が出ることは分かっていましたが、これがさとうキビからとれる砂糖と、同じ成分であるとは知られていなかったのです。

世界初の甜菜糖工場が設立されたのは、1801年のことでした。

育ての親はナポレオン

甜菜糖の製造が急速に広まったは、ナポレオンによる「大陸封鎖」がきっかけです。

トラファルガー沖海戦でイギリス軍に敗北を喫したナポレオンは、イギリスとその植民地の物産を大陸から締め出しました。たちまち砂糖の価格は暴騰しました。

そこで甜菜糖の製造が大いに奨励されたのです。

日本の甜菜はパリ万博から

日本で甜菜が初めて栽培されたのは、西欧に遅れること約半世紀余り、明治3年(1870年)のことです。

西欧に追いつくことを最大の目標にした明治政府は、農業の近代化にも力を入れ、亜麻や大麦など西洋作物の種子を輸入しては、東京開墾局で試作させていました。甜菜もその一つです。

当時大々的な開拓を図っていた北海道で、栽培を試みることにしましたが、いくら気候が似ている北海道といっても、そううまくはいきませんでした。

転機となったのは、明治11年フランスのパリで開かれた万国博覧会です。

明治政府からパリ万博に派遣された勧農局長松方正義(後に総理大臣)は、西欧諸国での甜菜糖業の隆盛を目の当たりにし、日本への本格的な導入を決意しました。

帰国した松方は甜菜糖業の導入に奔走し、北海道の紋別(現在の伊達市)に官営の製糖工場が建設され、明治14年の1月に操業を開始しました。

この官営工場は、やがて民間に移管され、道庁などの保護を受けながら営業を続けましたが、農業・工業の両面で技術が未熟だったため、明治29年には事業を放棄し、解散する羽目に陥りました。

札幌ビール園で乾杯

この間、明治21年には、道の援助により札幌に新しい製糖工場が建設されました。

しかし、この製糖工場も紋別の工場と同様に事業としては成り立たず、明治34年には閉鎖されたのです。

以後、細々とした試験研究を除き、甜菜糖業は約20年間にもわたり歴史の表舞台から姿を消してしまいました。

この札幌製糖の工場は、後にビール工場として生まれ変わりました。

これが、現在の札幌観光の定番スポット「サッポロビール園」の前身です。

赤レンガの重厚なたたずまいの中、グイッと飲みほすビールはちょっとほろ苦く、しかし実に爽快です。

十勝(とかち)で復活

甜菜糖事業が再び歴史の舞台に登場するのは、大正8年のことです。

北海道に甜菜を導入しようとした松方正義の夢は破れましたが、その子息松方正熊は帝国製糖社長として、甜菜糖業の企業化を企画、機が熟するのを待っていました。

また、台湾で実績を積んだ糖業資本も、北海道・朝鮮・満州の甜菜糖業に強い関心を示しました。

第一次大戦の戦勝国として、日本経済は活気を呈したことを受け、大正8年と9年に相次いで甜菜糖事業の新会社が設立されました。

松方正熊が興した北海道製糖と、旧日本甜菜製糖の2社です。

両社は、それぞれ十勝国の帯広と清水に工場を建設し、操業を開始しました。

甜菜糖業は約20年ぶりに復活しましたが、期待に反し現実は厳しく、両社とも創業直後から早くも経営難に陥るなど、苦難の道を歩みました。

後に両社は実質的に合併して、現在の日本甜菜製糖に受け継がれています。


バナースペース

日本甜菜製糖株式会社

〒108-0073
東京都港区三田三丁目12番14号
       ニッテン三田ビル

TEL 03-6414-5522
FAX 03-6414-5537