本文へスキップ

日本甜菜製糖株式会社は砂糖を主軸とする総合食品企業です。

〒108-0073 東京都港区三田三丁目12番14号
ニッテン三田ビル

CSR情報CSR information

 当社は、「開拓者精神を貫き、社会に貢献しよう。」を社是に、主業であるてん菜糖事業を通じて北海道畑作農業の持続的な発展、北海道地域経済の発展に貢献してまいりました。また、国産原料を使用した砂糖を安定的に供給することで、国内食料自給率の維持向上という形でも、社会に貢献を続けております。
 
 2019年6月、当社は創立100周年を迎えました。次の100年に踏み出すにあたり、これまでの「北海道」をキーワードにした視点を大きく広げ、国連の掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の考えを積極的に経営に取り込むことといたしました。当社の存在がよりよい社会の実現に繋がるよう努めながら、更なる企業価値の向上を目指してまいります。
 
 「製品」「環境」「農業支援」「ひと」「社会貢献」「コーポレート・ガバナンス」という重点項目を掲げ、それぞれを当社の各事業と関連させて、活動を推進いたします。当社グループは一丸となって、持続可能な社会の実現とグループ全体の成長のため努力してまいります。

   



   SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みについて
 
 1919年6月、前身である「北海道製糖株式会社」が創業、以来100年、当社はてん菜糖事業を通じ、北海道畑作農業の発展、地域社会との共生、食料自給率の維持等、川上から川下まで様々な形で社会に貢献してまいりました。
 当社は、先人から受け継いだ開拓者精神で、国連が採択したSDGs(Sustainable Development Goals)の実現に向けて、チャレンジを続けてまいります。
  




〜2022年4月4日よりプライム市場に移行しました~

 東京証券取引所の市場区分再編により、当社株式は2022年4月4日よりプライム市場に上場しました。
 今後ともガバナンスの強化を一層取り進めるとともに、企業価値の向上に努めてまいります。





〜認知症サポーター養成講座の開催~

 高齢化社会に対応するため、健康保険組合との共同開催で「認知症サポーター養成講座」を順次開催し、当社グループとして全役職員の受講を目指しております。
 本講座は、地域で暮らす認知症の方やその家族を、見守り支える応援者を養成することを目的としております。
 地域と密接に関わる一企業として、役職員一人一人の意識向上を図り、誰もが安心して暮らせる社会の実現に貢献できるよう、取り組みを進めてまいります。

     東京本社にて3月16日に開催


〜生乳廃棄回避への協力~

 新型コロナウイルスによる業務用需要減、春休みによる学校給食停止などにより、2022年3月末には生乳の大量廃棄が懸念される状況となりました。
 生乳の消費に少しでも貢献できるよう、当社では牛乳や乳製品を購入し、請負業者を含む当社グループ全役職員に配布いたしました。
 社会の課題解決のために当社にできることを考え、積極的に取り組んでまいります。

     取締役社長  惠本 司




~十勝毎日新聞に掲載されました~

 2021年1月3日の十勝毎日新聞、新春企画「十勝のSDGs」に当社の取り組みが掲載されました。
 当ホームページには記載されていない、SDGsに取り組むきっかけなどが語られております。
          クリックすると拡大します


●重点項目インデックス

  

  

  

ESGデータ

ナビゲーション