本文へスキップ

日本甜菜製糖株式会社は砂糖を主軸とする総合食品企業です。

〒108-0073 東京都港区三田三丁目12番14号
ニッテン三田ビル

キシリトールは虫歯にならない?

 砂糖は虫歯の原因か?

虫歯になりにくいをうたい文句に、キシリトールを使用した食品がよく目につきます。キシリトールって何ですか?

キシリトールは、天然界では、イチゴ、ラズベリー、カリフラワー、レタスなどの果実や野菜に多く含まれている、糖アルコールという炭水化物の一つです。
ただし、キシリトールは天然界からはごく少量しか抽出できません。したがって、実際のキシリトールは、工業的に化学合成で人工的に作られています。
つまり、白樺やトウモロコシの芯などに含まれている、キシランという多糖を分解して木糖(キシロース)にし、この木糖から高圧接触還元(水素添加)法で作られているのです。 
キシリトールは、砂糖と同じくらいの甘さで、体の中で代謝されるのにインスリンの助けをかりません。 このような性質から、血糖値の高い人、つまり糖尿病患者のエネルギー源として医薬分野で研究開発され、使用されています。
さらに、虫歯菌の生育に使われないため、虫歯になりにくいこと、また、冷涼感が強いなどの特徴がありますので、食品分野でもチューインガム、キャンディー、タブレット、アイスクリーム等の菓子類に多く使用されるようになりました。
良く目につくのは、そのためです。

虫歯になりにくいのは本当ですか?

虫歯は、食品中の炭水化物(砂糖も含まれます)を虫歯菌(S.ミュータンス細菌)が食べて酸を作って、歯の表面のpHを低下させ溶かすことでなります。
また虫歯菌の作る、不溶性多糖は歯垢の原因になります。 
キシリトールは酸生産試験で、虫歯菌により利用されず、酸ができないことが確認されています。
このことから、虫歯を助長しない甘味料として、広く用いられるようになりました。
マルチトース、ソルビトール、ラクチトース、エリスリトールといった糖アルコールにも、同じ様な性質があることが知られています。

ちょっと前の話ですが、「キシリトールが普及しているフィンランドでは、虫歯の発生が少ない」というテレビコマーシャルを見かけました。
砂糖の代わりに、キシリトールがたくさん使われているから、虫歯が少ないということですね?

いえいえ、そのコマーシャルには、やや表現に疑問があります。
直接砂糖とは対比はしていませんが、そう連想させるに充分な印象があるからです
一人当たり年間の砂糖消費量は、日本が20kg弱で、北欧フィンランドでは40kgです。
ですから、「フィンランドでは、日本の二倍の砂糖を消費していますが、虫歯の発生が少ない」のです。
これをコマーシャル風に言い換えると、「砂糖をたくさん使うフィンランドでは、虫歯の発生が少ない」となります。
虫歯予防のため、砂糖の代えて、キシリトールを使っているわけではないのです。
フィンランドで虫歯が少ないのは、食生活の中で、キシリトールを使ったチューインガムなどを含め、しっかりとした虫歯予防習慣が根付いているからなのです。

バナースペース

日本甜菜製糖株式会社

〒108-0073
東京都港区三田三丁目12番14号
       ニッテン三田ビル

TEL 03-6414-5522
FAX 03-6414-5537