Diversifying Our Business, Centered on Sugar

History

1919 

Our forerunner, Hokkaido Sugar Manufacturing Co., Ltd.,  

 was

 established.

1920 

Former Nippon Beet Sugar Manufacturing Co., Ltd. was  

 established.
 

Hokkaido Sugar Manufacturing Co., Ltd., Obihiro Factory  

 

was completed.

1921 

Former Nippon Beet Sugar Manufacturing Co., Ltd.   

 

Shimizu Factory was completed.

1923 

Meiji Sugar Manufacturing Co., Ltd. merged with former

 

Nippon Beet Sugar Manufacturing Co., Ltd.

1936 

Meiji Sugar Manufacturing Co., Ltd. Shibetsu Factory was  

 completed. 
 

Hokkaido Sugar Manufacturing Co., Ltd. Isobunnai   

 

Factory was completed.

1944 

Meiji Sugar Manufacturing Co., Ltd. stopped  

 

 

manufacturing sugar at Shimizu Factory.

 

Hokkaido Sugar Manufacturing Co., Ltd. came under   

 

control of Meiji Sugar Manufacturing Co., Ltd. 

 

Hokkaido Sugar Manufacturing Co., Ltd. name changed to  

 

Hokkaido Agriculture and Industry Promotion Co., Ltd.

1947 

Hokkaido Agriculture and Industry Promotion Co., Ltd.  

 

name changed to Nippon Beet Sugar Manufacturing Co., Ltd.

1949 

Production of yeast began at Shimizu Factory.

1952 

Shimonoseki Sugar Refinery was completed.

1959 

Bihoro Sugar Factory was completed.

1960 

Head office moved from Obihiro to Tokyo.

1962 

Obihiro Compound Feed Factory was completed.

 Shimizu 

PAPERPOT

 Factory was completed.

沿革

大正8年 当社の前身北海道製糖(株)創立
大正9年 旧日本甜菜製糖(株)創立、

北海道製糖(株)帯広工場完成

大正10年 旧日本甜菜製糖(株)清水工場完成
大正12年 明治製糖(株)は旧日本甜菜製糖(株)を

合併

昭和11年 明治製糖(株)士別工場完成、

北海道製糖(株)磯分内工場完成

昭和19年 明治製糖(株)清水工場の砂糖製造廃止

明治製糖(株)は北海道製糖(株)を

傘下におさめる

北海道製糖(株)は社名を

北海道興農工業(株)に変更

昭和22年 北海道興農工業(株)は

日本甜菜製糖(株)に社名を変更

昭和24年 清水工場でイーストの生産開始
昭和27年 下関精糖工場完成
昭和34年 美幌製糖所完成
昭和35年 本社を帯広から東京へ移転
昭和37年 帯広配合飼料工場完成、清水紙筒工場完成
昭和45年 磯分内製糖所を閉鎖、芽室製糖所完成
昭和51年 豊富事業所完成
昭和52年 帯広製糖所を閉鎖
昭和57年 総合研究所発足
昭和61年 江別種子工場完成

平成元年 ビート資料館完成
平成3年 士別製糖所でラフィノース、

ベタインの生産を開始

平成8年 芽室製糖所でラフィノースの生産を開始
平成10年 旧帯広製糖所跡地に

「ニッテンスズランプラザ」が完成

平成13年 下関精糖工場を閉鎖、関門製糖(株)を

大日本明治製糖(株)と合弁設立

平成16年 千葉物流センター完成、

本社を中央区京橋から港区三田へ移転、

旧帯広製糖所跡地に

「フレスポ・ニッテン」完成

平成19年 ビジネスセンター完成、

とかち飼料(株)を

日清丸紅飼料(株)と合弁設立

平成21年 美幌製糖所へビートパルプ

蒸気乾燥設備導入、

サークル機工(株)設立

平成22年 十勝鉄道の自動車整備工場完成
平成23年 飼料の生産をとかち飼料(株)に委託
平成25年 十勝鉄道農畜産部ビート栽培開始
平成26年 芽室製糖所へビートパルプ 

蒸気乾燥設備導入、

士別スズランファーム(株)設立

1970 

Isobunnai Sugar Factory was closed.

 

Memuro Sugar Factory was completed.

1976 

Toyotomi Factory was completed.

1977 

Obihiro Sugar Factory was closed.

1982 

Research Center started.

1986 

Ebetsu Seed Factory was completed.

1989 

Sugar Beet Museum was completed.

1991 

Production of raffinose and betaine began at Shibetsu Sugar Factory.

1996 

Production of raffinose began at Memuro Sugar Factory.

1998 

Nitten Suzuran Plaza was completed on the site of the old  

 

Obihiro Sugar Factory.

2001 

Shimonoseki Sugar Refinery was closed.

 

Kanmon Sugar Manufacturing Co., Ltd. was jointly established

 

with Dai-Nippon Meiji Sugar Co., Ltd.

2004 

Chiba Logistics Center was completed.

 

Head Office moved from Kyobashi, Chuo-ku, to Mita, Minato-ku.

 

Frespo Nitten was completed on the site of the old Obihiro  

 

Sugar Factory.

2007 

Business Center was completed.

 

Tokachi Feed Co., Ltd. was jointly established with Nisshin

 

Marubeni Feed Co., Ltd.

2009 

Beet pulp steam dryer was installed at Bihoro Sugar Factory.

 

Circle Kiko Co., Ltd. was established.

2010 

Auto-repair shop at Tokachi Railways was completed.

2011 

Feed production was commissioned to Tokachi Feed Co., Ltd.

2013 

Department of Agriculture and Livestock, Tokachi Railways  

 

Co., Ltd., began to cultivate sugar beets.

2014 

Beet pulp steam dryer was installed at Memuro Sugar Factory.

 

Shibetsu Suzuran farm Co., Ltd. was established.

5